半袈裟/式章/略肩衣|先染絣 全3色

¥4,480

 

※半袈裟/式章/略肩衣、各宗派ご相談ください。

※直射日光にあたり続けると、色落ちする場合がございます。
ご相談は→こちら

全3色よりお選びいただけます

青藤(あおふじ)

藤色に青みを加えた、淡い青紫色。落ち着いた雰囲気と同時に爽やかな印象を与えます。

青藤色ベースとした先染絣の生地は、その穏やかな青さを生かしながら、彩度や明度を変えた配色で、神秘的な雰囲気を演出します。

法衣袈裟 浄土真宗本願寺派 半袈裟/式章/略肩衣 先染絣 薄花

京藤(きょうふじ)

深みと華やかさを併せ持つ紫色。紅色を帯びた深みのある紫色は、優雅で高貴な印象を与えます。

京藤色ベースとした先染絣の生地は、上品でありながらも鮮やかな雰囲気を演出します。

法衣袈裟 浄土真宗本願寺派 半袈裟/式章/略肩衣 先染絣 薄紅藤

淡黄(たんこう)

優しい春の日差しを思わせる、薄い黄色。穏やかで明るい印象を与えます。

淡黄色ベースとした先染絣の生地は、その柔らかな明るさを活かしながら、洗練された美しい雰囲気を演出します。

法衣袈裟 浄土真宗本願寺派 半袈裟/式章/略肩衣 先染絣 淡黄

先染(さきぞめ)とは

生地を織る前に染色する技法。「織物」ともいいます。逆に、生地を織った後に染色する技法を「後染(あとぞめ)・染物」といいます。

絣(かすり)とは

糸の一部に防染処理を施し、独特のかすれた模様を出す技法。先染めでしか出せない模様で、その糸のことを「絣」といいます。絣のオシャレなグラデーションは、柔らかな印象を与えます。

絣の種類

・括り染め:紐状のものを括(くく)る技法
・板締め染め:凹凸のある板に糸を挟み込む技法
・織締め:機械でかたく織り込む技法

半袈裟/式章/略肩衣入

別仕立て(受注生産)となります
こちら

輪袈裟

こちら

色柄および生地質

仕様:半袈裟/式章/略肩衣
柄 :絣(かすり)

表地:正絹
裏地:正絹

 

▼ご相談はこちら▼

おすすめ商品

最近見た商品