房紐 折五条用 全20色 |真言宗 浄土宗ほか

¥4,400

真言宗や浄土宗の折五条用 房紐です。
折五条と併せて、または、単品でもご購入できます。

袈裟本体との色合わせに悩まれたときなど、お気軽にご相談ください。

20色展開

他にはない色数をご用意。ご希望の色をじっくりとお選びください。

明るめ5色

法衣袈裟 浄土真宗本願寺派 真言宗 浄土宗 房紐 明色

①3色入混:青柳(あおやぎ)/鉛丹(えんたん)/月白(げっぱく)

 

青柳とは、青みを増した黄緑色。鉛丹とは、やや赤みのある鮮やかな橙色。最古の顔料の一つでもあり、神社仏閣の下塗りにも使われました。月白とは、薄く青みがかった白色。月の光で明るく白んだ空のイメージです。

②萌黄(もえぎ)

春先の若葉のような冴えた黄緑色。古来、若さを象徴する色でもあり、若者に人気でした。

③真紅(しんく)

紅花により染められた深みのある紅色。昔はとても高価だったので、禁色(きんじき)とされました。

④赤橙(あかだいだい)

やや赤みの濃い、熟した柿のような橙色。

⑤紅柄(べんがら)

濃い赤みの褐色。「べんがら」は、インドのベンガル地方で産出したことに由来します 。

合いの4色

法衣袈裟 浄土真宗本願寺派 真言宗 浄土宗 房紐 合い色

⑥黄土(おうど)

赤みがかった黄色。人類最古の顔料の一つです。

⑦金茶(きんちゃ)

金色がかった明るい茶色江戸時代に流行し、明治時代にかけても人気でした。

⑧白橡(しろつるばみ)

橡(つるばみ)で染めた白茶色に近い色。橡とはドングリの古名です。

⑨焦茶(こげちゃ)

黒みがかった茶色。江戸時代、着物に使う色が制約されるなかで生まれた100種類以上の「四十八茶 百鼠(しじゅうはっちゃ ひゃくねずみ)」に合う色として生まれました。

濃いめ6色

法衣袈裟 浄土真宗本願寺派 真言宗 浄土宗 房紐 濃い色

⑩青紫(あおむらさき)

青みを帯びた鮮やかな紫色。色の幅は広く、紅みの濃い紫から青みの強い紫までさまざまです。

⑪小紫(こむらさき)

渋めの濃い紫色。元来「濃紫」でしたが、「コムラサキの実」の色に似てるいることから、「小紫」と書かれるようになりました。

⑫花紺青(はなこんじょう)

紫色を帯びた暗い青色。人類最古のコバルト顔料「スマルト」の和名です。

⑬仙斎茶(せんさいちゃ)

緑みの渋い茶色。江戸に流行し、女性の羽織によく染められました。

⑭鈍色(にびいろ)

無彩色系の鈍い鼠色。古来、近親者に不幸があったときの喪服の色でした。

⑮檳榔子黒(びんろうじぐろ)

青みを含んだ気品のある黒色。紋付においても最高級の黒染色で、藍を下染めにすることから「藍下黒(あいしたぐろ)」とも呼ばれました。

薄め4色+1

法衣袈裟 浄土真宗本願寺派 真言宗 浄土宗 房紐 薄色

⑯灰汁(あく)

黄みがかった灰色。 藁(わら)燃やしてできた灰に湯を注いだ上澄みの色です。洗剤としても使われていました。

⑰利休白茶(りきゅうしらちゃ)

薄灰に近い黄褐色。千利休を彷彿とさせる上品で穏やかな白茶色です。

⑱桜(さくら)

赤みがかった淡い紅色。古今和歌集でも使われ、平安時代に広まりました。

⑲亜麻(あま)

麻を紡いだような薄茶色。作曲家ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」でも有名です。

⑳白茶×箔(はく)

薄く明るい白茶をベースに、金色の箔を入れ混ぜています。スッキリ爽やかな中にもキラッと上品な金色が光ります。

対応宗派

真言宗・浄土宗中心に、他宗派も対応可。


その他ご不明点などございましたら、何なりとご相談くださいませ。合掌



納期について

▼ご相談はこちら▼

おすすめ商品

最近見た商品