直七大学 月謝|オンライン授業 / 復習視聴
直七大学 月謝|オンライン授業 / 復習視聴
直七大学 月謝|オンライン授業 / 復習視聴
直七大学 月謝|オンライン授業 / 復習視聴

直七大学 月謝|オンライン授業 / 復習視聴

定価 ¥2,500
/

授業予定一覧
https://naoshichi-kyoto.com/collections/buddhist-interest

【直七大学生 特典】

① 授業都度 申込手続き不要

② 全ての授業が受け放題
(特別講義をのぞく)

③過去授業の視聴が可能
(数日後のアップとなります)

④ 授業の資料を事前入手可能
(一般参加者は授業中に画面共有)
*ご用意ある先生に限る

※ ご不明点ご質問などはこちらまで
https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact

【直七大学の5つの特徴】

①仏教を中心とした各分野専門の講師
仏教を中心に、伝統文化、職人文化、社会問題、芸術など、各分野専門の講師から人生を豊かにするための教養を学びます。
お寺に法話を聞きに行ったり、職人さんの工房を訪ねたりする課外授業も予定しています。(現在コロナの影響により休止中)

②継続しやすい価格
直七大学生は1コマ当たり約160円で受講可能。(一般は500円〜)入会金や教科書代などはもちろんすべて無料です。月額2500円で、15〜20講座が受け放題です。

③いつでもどこでも参加可能なオンライン形式
Zoomを使用した講義形態です。(2020/8/1現在)
パソコン・スマホ・タブレットのいずれかがあれば参加できます。
顔や声出しナシでも、ご参加いただけます。

④年齢や立場に関係なく、誰もが楽しく学べる学校
年齢は、下は学生さん、上は定年後の方まで幅広く参加されています。
僧侶やサラーリーマン、学生、などの立場も一切関係なく、誰でも平等に学べる場です。

⑤質疑応答で理解をサポート
質問時間を長めに設けているので、わからないところは、その場で聞くことができます。
先生の負担にならない範囲内で、授業後のアンケートにて質問も可能です。

【受講の流れ】

①直七大学Slack校 授業一覧にあるURLをクリック
②授業開始30分前から開場、随時入室
③途中入退場可能
④疑問質問は、チャットや音声にて受付
⑤授業後、質問掲示板にて質問可能

【注意事項】

以下、直七大学の校則です。

堅苦しいことを言いますが、学費を払っていただく学生さんの権利やプライバシー保護のための、一定の線引きです。

一人一人が思いやりを持ち、楽しく学べる雰囲気をつくっていけたら嬉しいです!

● 情報取扱い等の注意点
1.授業の録画録音および転載等の禁止
2.授業内容引用等の事前確認連絡
3.新商品情報その他秘密情報等の公開禁止
4.退学後も情報漏洩等の禁止

※ 直七大学はZoomを利用した限定コミュニティのため、ご講師のプライベートな話、あまり表ではしにくい話をされる場合もあります。参加者の質問に関しても同様です。

よって、授業の具体的内容につき、口外およびインターネット上での拡散等は、ご講師や参加者の心を傷つけ、また、プライバシー侵害等にあたる恐れもあるため、ご遠慮くださいませ。

● その他注意点
1.受講URLやパスワード等の無断シェア等の禁止
2.商品等の販売や宗教勧誘その他斡旋等の禁止
3.運営および特定者への誹謗中傷の禁止
4.荒らし行為など学内の秩序を乱す行為の禁止

※ 上記注意点につき、運営者による販売や録画録音等は、直七大学の運営や告知等のため、 常識の範囲内で、上記制限の限りではありません。ご了承くださいませ。
※ 校則その他、随時更新変更の可能性があります。
※ 上記に反した方は、強制退学となる場合があります。

【老舗法衣店100年目の挑戦「直七大学」への想い】

はじめまして。直七大学に興味をお持ちいただきありがとうございます。
直七法衣店四代目の川勝顕悟です。
ここでは個人的な僕の想いを書かせていただきます。興味のある方だけでも、お読みいただければ幸いです。

● お寺さん職人さん、そして日本の未来を考える
直七法衣店は、京都で「法衣袈裟仏具」を主に、お寺さんに関わる様々なお品物を取り扱っています。多くの職人さんの手を渡り完成する法衣袈裟仏具。

直七四代目も、その職人の一人として袈裟を仕立て、みずから日本全国のお寺さんへ御用聞きにまわる生活をしています。

そんな生活のなか、気になるのはやはり、お寺や職人、さらに日本の未来。あまり明るい未来でないかもしれません。

でも、僕がお会いするお寺さんの多くは日々、愚直に仏教と向き合い、伝道しておられる。
職人さんは日々、みずからと向き合い、究極にその技を磨いておられる。

みなさんそれぞれ知恵をふりしぼり、宗教や職人技を後世に伝えようとしておられます。そこで僕が、法衣店の立場からできることは、何なのか。

10数年、もがき続け、考え続け出たカタチの一つが、この「直七大学」です。

● お寺さんにとっての直七大学
お寺さんが、檀家さんや一般の方々の生の声を聞ける場づくり。今までご縁なかった方々にもお話を聴いていただき、そのフィードバックをいただくことで、お寺さんにとっても新たな気づきのある場としたいです。

また直七大学の取り組みが、お寺での取り組みのヒントになれば、と思っています。

● 職人さんにとっての直七大学
職人さんの知識技術を知っていただく場づくり。普段の生活では目に触れることのない技術知識を、直七大学の授業を通して、より多くのみなさんに知って、体験していただく。

しかしそれだけでは、正直なところ職人さんは食べていけません。直七大学では、みなさんからお預かりした授業料の一部で、職人さんに商品を作っていただこうと考えています。

その過程もみなさんにお伝えすることで、ひとつの商品ができるまでに、どのような職人技が使われ、それがどう魅力的なのかを知っていただければ、みなさんにとっても一つの学びになり面白いかな、と思っています(商品開発守秘の都合上、すべてお見せすることはできないかもしれません。あしからず。。)

● みなさんにとっての直七大学
仏教に限らず、それに関わる芸術文化などを学ぶ場づくり。お寺さんのお話や解説はもちろん、神主さん牧師さんのお話や坐禅、法衣袈裟や書道、大仏写真などなどを学び、ときに体験します。

僕は、学びはいくつになっても大切だと思います。

いろいろな学びや体験から、趣味になることが見つかったりして、みなさんの人生がより楽しくなればいいな、とも思います。

● 日本や世界にとっての直七大学
みなさんと一緒に、さまざまなことを楽しく学ぶなかで、一人一人の感性が高まり、また、人と人とがつながることで日本の、世界の未来がより明るくなるといいな、と思っています。

------------------
授業予定一覧
https://naoshichi-kyoto.com/collections/buddhist-interest

------------------

① 授業都度 申込手続き不要

② 全ての授業が受け放題
(特別講義をのぞく)

③過去授業の視聴が可能
(数日後のアップとなります)

④ 授業の資料を事前入手可能
(一般参加者は授業中に画面共有)
*ご用意ある先生に限る

※ ご不明点ご質問などはこちらまで
https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact

みなさんにとっての学びの場となればと思います。
ぜひいっしょに、楽しく学びましょう! 

ページトップへ