式章 六金色 玻璃 hari

¥4,380

在庫状況により、日数かかる場合もございます。お急ぎの際は、ご使用日等お伝えくださいませ。

法衣袈裟は、製糸や染め織りなど、さまざまな職人の手を渡り完成します。

直七では、最後の仕立てをする「縫い子さん」育成に力を入れています。縫い子さんの高齢化が進むなか、若手の雇用を生み、技術知識を磨き、次世代につなげます。

直七法衣店にご注文、お仕事いただるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

僧侶寺族の日常着/仕事着ともいえる法衣袈裟。

みなさん自身はもちろん、話される法話、さらにはお寺全体の印象も、法衣袈裟一つでガラッと変わります。

では、どの生地や柄の法衣袈裟を選べばいいのでしょうか・・・?ぼくは一概に値段の高いものがいいとは思いません。

TPO、それぞれの場面や地域性、その方の年齢やお好み・・・さまざまな要素から適したものを、一緒に考えさせていただきます。

納得してご購入いただきたい。

法衣袈裟仏具、他にはないオリジナル記念品、打敷水引、幕旗などなど【ナオシチ直通LINE】から、直七法衣店 四代目ナオシチに直接ご相談ください。

全力で対応させていただきます!

六金色(ろっこんじき)

本願寺や各寺院様などで、カラフルな旗をご覧になったことはありますでしょうか?左から「青・黄・赤・白・橙と、その五色混合」の旗。

その旗を「六金色旗」または「仏旗」といいます。

六色の由来

「六金色」の六色の由来は諸説あり『阿弥陀経』『無量寿経』にその根拠の一説があります。また次のような説もあります。

  • 青は「定根」仏陀の頭髪の色
  • 黄は「金剛」仏陀の身体の色
  • 赤は「精進」仏陀の血液の色
  • 白は「清浄」仏陀の歯の色
  • 橙は「忍辱」仏陀の袈裟の色

縦に五色ならぶ玻璃(はり)は「輝き」を表し、無色透明であることから他の各五色を映し出しています。

直七の思い

直七では、このような由来のある「六金色」の柄から「六金色 輪袈裟および式章」を謹製致しました。

この六金色の輪袈裟および式章を通して、多くの方に仏教を身近に感じていただくご縁となることを願っております。合掌

お悩みご希望ご相談ください

ナオシチ直通LINEは → こちら
メールは → こちら

在庫状況により、日数かかる場合もございます。お急ぎの際は、ご使用日等お伝えくださいませ。

法衣袈裟は、製糸や染め織りなど、さまざまな職人の手を渡り完成します。

直七では、最後の仕立てをする「縫い子さん」育成に力を入れています。縫い子さんの高齢化が進むなか、若手の雇用を生み、技術知識を磨き、次世代につなげます。

直七法衣店にご注文、お仕事いただるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

僧侶寺族の日常着/仕事着ともいえる法衣袈裟。

みなさん自身はもちろん、話される法話、さらにはお寺全体の印象も、法衣袈裟一つでガラッと変わります。

では、どの生地や柄の法衣袈裟を選べばいいのでしょうか・・・?ぼくは一概に値段の高いものがいいとは思いません。

TPO、それぞれの場面や地域性、その方の年齢やお好み・・・さまざまな要素から適したものを、一緒に考えさせていただきます。

納得してご購入いただきたい。

法衣袈裟仏具、他にはないオリジナル記念品、打敷水引、幕旗などなど【ナオシチ直通LINE】から、直七法衣店 四代目ナオシチに直接ご相談ください。

全力で対応させていただきます!

おすすめ商品

最近見た商品